ビフィズス菌と若さ

ビフィズス菌と若さということで、話しを進めていきます。ビフィズス菌は、腸内細菌に棲んで歳とともに減少する傾向にあります。その減少を抑えているのが、オリゴ糖です。オリゴ糖も、ビフィズス菌と同じように母乳から発見されており、小さい時にはオリゴ糖が腸内に多くあります。そこで、若さや美しさが見られるのは、ビフィズス菌やオリゴ糖ともいえます。

しかし、人は老化という自然現象もありますので、食事やサプリメントを摂取することにより若さを保つ考えが出ているのです腸内環境が良くなると、自然と健康にもなります。健康であれば、元気に動くことも出来ますし、働くことも出来るのです。そうすると、自ずと自信もついてきますし、人とのコミュニケーションも円滑に進行します。

このことから、動物の体の腸内にビフィズス菌やオリゴ糖が含まれているからこそ、若々しく元気にいられるのです。もちろん、身体の修復や回復具合も早くなってくるのです。このように考えると、たかがビフィズス菌とオリゴ糖かもしれませんが、これらを理解し、うまく体内に摂取することにより美しさを素敵な様子を、老化もありますがいくらか保持できるのです。皆さんも実践して欲しいものです。

オリゴ糖を科学する

オリゴ糖は、oligosaccharideといわれ糖類の1つです。 オリゴはギリシャ語起源で少しという意味からなります。このことから、小糖類ともいいます。また、通常の砂糖と比較するとオリゴ糖はカロリー量が半分になるのです。 そこから、ダイエットにも最適といえます。ビフィズス菌は、オリゴ糖の他にも乳糖が必要です。もちろん、ご存知な方も多いと思いますが、母乳に含まれる成分の研究でビフィズス菌や乳糖・オリゴ糖が発見されて、様々な商品が出ているという今日があります。そして、オリゴ糖が善玉菌を元気にして腸内環境を整え便秘の改善など健康に繋がると考えられています。

またオリゴ糖は二糖類以上や三糖類以上を表す考えもあります。これも小糖類の理由です。具体的には、スクロース、ラクトース、トレハロースの組み合わせが二糖類となります。これが、身体の中に含まれ、我々の体内を守っているのです。ちなみに、三糖類以上の種類は少ないのでオリゴ糖の大部分が二糖類です。また、オリゴ糖がベンゼンの有機化合物のように環状の構造のものもあり、シクロデキストリンという物質もあるのです。

さらに、オリゴ糖とは単糖がいくつか結合するグリコシド結合といいますが、それが数個結合した糖類です。分子量は300から3000です。また、シアル酸のオリゴ糖は、肺炎双球菌やインフルエンザから防ぐことができます。