オリゴ糖についてビフィズス菌とオリゴ糖と健康

我々は健康と長寿を望んでいます。日本は平均寿命が年々高まり、男性も女性も80歳を超えています。特に女性は、これから90歳を超える勢いです。さて、日本の死亡原因では、ガンや心疾患、肺炎の順です。そして、医療では技術の発達により今まで諦めていた治療も回復する世の中になってきております。

今回はビフィズス菌が主なテーマで、オリゴ糖を含めながら話しを進めていきます。ビフィズス菌は、ヨーグルトを食べると身体に栄養を摂取することが出来ると考えます。ビフィズス菌とは、動物の体内に棲む細菌で、特に腸内細菌にあるといわれています。よく聞く話が善玉菌をつくるのが、ビフィズス菌といえます。また、身体の腸内に多く腸内細菌があると健康に良いといわれます。特に、アレルギーでは腸内細菌を多く身体に含むことが重要と考えられています。さらに、美しく素敵で若々しくいるためには、腸内環境が重要と考えられています。

さらに、ビフィズス菌を高めるために母乳に含まれている乳糖やオリゴ糖が重要です。そこで、ビフィズス菌とオリゴ糖を説明していきます。オリゴ糖はなぜビフィズス菌に必要なのというと実は、ビフィズス菌がオリゴ糖をえさにして腸内に棲んでいられるのです。せっかくビフィズス菌を接種してもオリゴ糖がないために生きた腸内状態にならず健康にならないことになります。他に、ビフィズス菌は、ビフィドバクテリウム・ビフィドゥムであると話が出るときもあります。そのくらいビフィズス菌の中では中心となる細菌になります。